2018年04月19日

マンション好調が継続 17年12月・不動産価格指数

国土交通省はこのほど、17年12月の不動産価格指数(住宅)をまとめた。IMF(国際通貨基金)などによる国際指針に基づき、不動産市場価格の動向を表すものとして同省が作成したもの。

10年平均を100とした17年12月の全国住宅総合指数は109.0で前年同月比2.5%上昇した。住宅地は97.0(同0.1%増)、戸建て住宅は101.1(同0.9%増)、マンションは136.4(同5.9%増)。マンションの伸びが比較的大きく、また58カ月連続のプラスとなっているほか、住宅地と戸建て住宅についても価格指数は微増している。

<<前のページ | 次のページ>>