コラム「住宅ローンの話」

マイホームの夢をかなえる!
そのサポートをしてくれるのが住宅ローン

月々家賃を払うなら同じ支払い額でマイホームを

マイホームの夢をかなえる手伝いをしてくれるのが住宅ローンです。2LDKのアパートに住んでいるのと同じ感覚で、4LDKの一戸建てに住めるとしたら……、想像するだけでワクワクしてきませんか? 滋賀県の場合、賃貸アパートを借りるとなると月々6〜7万円程度の家賃は必要です。同じ金額(毎月均等払い)で返済していくとすると、35年の住宅ローンで買える家は2400〜2500万円。ベターライフで扱う物件の多くは、こうした月々6〜7万円の返済額で手に入る金額の住宅です。

まずお客様のご希望をうかがいます

住宅ローンのご相談は、プランニングの最初の段階で承ります。大まかな予算をつかめた段階で、どれくらいの自己資金を用意されるか、月々どのくらいの返済額にされるかなどをうかがい、総借入額や返済期間、ローンの種類など、いくつも条件を変え、シミュレーションを行ったうえでお客様に納得いただける返済プランをご提示します。

借り方に「正解」はない?

ローンの借り方にただひとつの「正解」はありません。お客様一人ひとりの性格やライフスタイルに合わせて返済プランを考えていきます。たとえば、最初はできるだけ返済額を少なくしたいというお客様、何年先も固定金利で安定して返していきたいというお客様、将来の金利上昇の不安があってもそのときどきで最小の変動金利を選びたいというお客様、あるいはその両方を組み合わせてバランスを取っていきたいというお客様……、それぞれのお客様にとっての「正解」をベターライフがいっしょになって考えていきます。

金融機関による特徴

銀行や住宅ローン会社など金融機関ごとに、さまざまな特徴があります。たとえば住宅金融支援機構の「フラット35」は、35年間ずっと固定金利で返済するローンです。これだと将来金利が上がったときも安心です。逆に期間限定で、当初2年間は低利のサービス金利を適用し、その後は金利が変動する銀行ローンもあります。こうした金融機関ごとの特徴を踏まえたうえで、一番お客様に合った返済計画をつくることが大切です。

賢く返済するには?

ベターライフがお勧めするのは、まず余裕をもって返せる程度の返済額で長期ローンを組んでおいて、ゆとりができたときにまとめて返済していくやり方です。まとめて返済すると当然借入残高は減りますので、これに合わせて返済期間を短くするか、月々の返済額を少なくできます。お勧めは返済期間を短くする方法で、これだと100万円をまとめて返済した場合、100万円に対してかかる35年分の金利もいっしょに返済したことになるので、150万円前後を返したのと同じくらいの効果を出すことができます。銀行によって、こうした「繰り上げ返済」をすると手数料を取るところや、逆に何回繰り上げしても手数料は無料というところまで、いろいろです。ベターライフでは、そんなお役立ち情報をご相談の際にお伝えさせていただきます。