よくある質問

シックハウスの予防方法について

Q マンションを購入する予定です。このマンションは、内装についてはオプションが可能ですので、壁は珪藻土クロスを、水回りはホルムアルデヒドの少ないビニールクロスをと考えています。この場合、次の各項目についてのシックハウスの予防方法を教えてください。
1. 床材は品確法(床暖房の場合の化学物質)に対応しているかどうか。
2. 壁は珪藻土クロスを一般部に、水周りはホルムアルデヒドの少ないビニールクロス、接着剤はノンホルムを使用と考えていますが、この考えで良いのかどうか。  
3. 床暖房があるのですが、化学物質のガスが出ないか。  
4. 大切な桐タンスがあるのですが、クロゼット内部に置いても大丈夫か。  
5. その他注意することは。

A 1.について
 仕様としては、(相談者の場合には)現在の段階では支障のない範囲です。コルクなども有りますが、値段は高いと思います。
2.について
 ケイソウ土クロスは、布クロス、紙クロスにても代用できるので、質感にあわせて使われると良いでしょう。ビニールクロスは出来れば避けた方が良いでしょう。
方法としては、紙クロスに天然塗料(自然塗料)などもあります。又、台所については、水がかり、油がかりの部分をタイルにする提案もあります。接着剤については注意が必要です。
3.について
 出ないとは言い切れません。秋口に高温設定をして外出し、数時間後に帰宅して大丈夫なら使用可能でしょう。又、温度を下げれば大丈夫であれば、可能な限り低温で使用することもよいでしょう。
4.について
 壁から10〜15cm離す、床に丈夫なスノコを敷く、外出時はクロゼットの扉を開放する、除湿器を設置する、上下に他室とのフィルター付通気口を設置するなどが出来れば問題はないでしょう。
5.について
 ビニール系はカソ材にも注意が必要です。家具・キッチン・吊り戸・クロゼット扉などもホルムアルデヒドがあり、制作工場にて充分乾燥してもらうと多少は良くなります。又、高くはなりますが、ムク材の家具もよいでしょう。
 換気には充分配慮されると良いでしょう。機械換気はオプションで24時間タイマーが着けば帰宅前に空気を入れ替えられます。
 脱衣室の床のビニールクロスはオプションでコルクもあるとの事ならば、コルクにされると良いでしょう。

<<前のページ | 次のページ>>