よくある質問

外断熱と内断熱について

Q 外断熱と内断熱について、その特徴などを教えてください。

A 多少荒っぽいのですが、一言で言えば、建物の構造体の外側に断熱材が置かれたのが外断熱、内側に設けられたのが内断熱だと言えます。これは、木造鉄筋コンクリート造、鉄骨造に共通した考えを述べていますが、構造方法によっては微妙に異なり、最初の説明が一番判りやすいのがコンクリート造の場合です。

最近外断熱住宅が増え、木造住宅でも随分目に付きます。住宅に科学の目がはいるにつれ、材料、施工技術が進んで気密になった住宅に、断熱材とともに、換気、通気が室内気候を大きく左右する要素であることが理解されてきました。

構造体の外を断熱材で包んでしまい、この断熱材に沿ってさらにその外に、建物周辺から自然の風を取り入れて屋根に抜きます。これは夏の熱気を屋根裏や室内に入れません。室内では、床を硬いコンクリートにして部屋の中で使った熱を溜めます。夜間、外気温度が下がり、それに伴って室内気温が下がるにつれ温められた床は熱放射し始めます。また、床下換気孔の開閉をうまく操作して、夏は床下通風を良くします。

設備機械に頼らずに省エネ、自然利用の住宅が出来るとされています。結露対策にも有効であり、理論を良く理解した上手な施工の外断熱工法採用住宅は、特に寒冷地においては優れた住宅になると思います。ただ、内断熱工法よりは敷設量が多くなり割高になります。

<<前のページ | 次のページ>>