よくある質問

床暖房について

Q 床暖房についての特徴とコストなどについて教えてください。

A 床暖房は、床に温水管や電気の電熱線を埋め込み、床面からの放熱を受けて室内温度や身体を暖める方法です。床暖房の熱源の置き方は、床面上に置くパネル型と床内部に温水管(パイプ)や電熱線を埋め込む埋め込み型があります。あまり急激に熱い温度になってしまうと気持ちが悪くなってしまうので、穏やかな発熱温度の低温暖房です。従って、非常に寒い冬場は、常時発熱させておくのが普通で、そのために建物の断熱材との併用が大事です。

また、温度上昇までに時間がかかります。寒いからといっても急に暖めることができませんので事前に熱源を入れておき準備しておく必要があります。

よくある質問として、温水と電気はどちらのほうが効率的に部屋を暖められるか、ガス・電気・灯油などの熱源はどれが経済的か、などがあります。それは、単位キロカロリーあたりの値段を比較すれば判るので、それよりも、初期設置費、使用する耐用年数、維持管理費などを考慮して検討すべきことです。各家の住宅事情、家族構成、生活習慣などもすべて異なり、一概には結論を出せません。

パネル型、埋め込み型共に、専門の暖房設備設計者がいて、総合的によく理解した設備業者に比較計算してもらい、大きさ、サイズ、型番を決めて、他の立ち上がりのよい暖房設備も併用して、バランスのよい住宅暖房設備にしてください。

<<前のページ | 次のページ>>