よくある質問

住宅ローンの繰上返済と住宅ローン控除について

Q 住宅ローンの繰上返済を考えていますが、繰上返済することにより、償還期間が短縮される場合は住宅ローン控除の適用はどうなりますか。

A 住宅ローン控除の対象となる借入金は、償還期間が10年以上の割賦償還の方法により返済されるもの又は割賦払の期間が10年以上の割賦払の方法により支払われるものであることが要件とされています。

また、10年以上の期間とは、その住宅ローン等の最初の返済又は支払の時から返済が終了する時までの期間が、10年以上であることです。
繰上返済を行うことにより、償還期間が当初の返済からみて、10年未満となった年分以降の適用は受けられません。

残りの返済期間が10年未満であっても、返済済みの期間と残りの返済期間をあわせて、10年以上であれば、繰上返済を行っても、引き続き住宅ローン控除の適用を受けることができます。

<<前のページ | 次のページ>>