よくある質問

住宅ローン控除について

Q 住宅ローンを借りて、住宅を購入すると税金が戻ると聞きましたが、どのような手続をすればよいのでしょうか。

A 住宅ローン等を利用してマイホームを新築や購入、増改築をした場合で、一定の要件に当てはまるときには住宅ローン控除が受けられ、所得税が戻されます。

住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)を受けるためには、所得税の確定申告書を、納税地の所轄税務署に提出する必要があり、サラリーマンの場合は2年目からは年末調整で住宅ローン控除の適用が受けられます。

確定申告書に必要事項を記載するとともに、「住宅借入金等特別控除の計算の基礎となる住宅借入金等の年末残高の計算明細書」を提出するほか、次のような書類の提出が必要になります。
  1. 住民票の写し
  2. 家屋の登記簿謄(抄)本(登記事項証明書)
  3. 敷地等のローン等についても控除を受ける場合は土地の登記簿謄(抄)本(登記事項証明書)
  4. 住宅取得資金にかかる借入金の年末残高証明書(2か所以上から交付を受けている場合は、そのすべての証明書)
  5. 売買契約書(又は請負契約書)のコピー
  6. 既存(中古)住宅で、一定の築年数を経過したものについては、建築士や指定確認検査機関等が証明を行った耐震基準適合証明書等
  7. 増改築の場合は建築確認済証の写し、検査済証の写し、又は増改築等工事証明書
  8. 給与収入、年金収入がある方は、源泉徴収票(原本)

<<前のページ | 次のページ>>