よくある質問

登録免許税について

Q 不動産を取得する場合に必要な登録免許税について教えて下さい。

A 登録免許税は不動産その他の財産等の登記、登録、許可、あるいはこれらの変更・抹消等の機会を捉え、課せられる税金です。
したがって、土地や建物の所有権等の登記をするときには登録免許税がかかります。
税額は、取得した不動産の固定資産税評価額に税率をかけた額で、登記申請の際に納付します。
税額は以下の通りとなります。

登記の種類・原因 税率 軽減税率
所有権の保存登記 0.2% 0.15%







相続、合併 0.2%
遺贈、贈与 1%
売買等 1% 0.3%
抵当権の設定登記 債権金額の0.4% 0.1%

※ 軽減税率は家屋のみの適用があります。
※ 軽減税率の適用要件は以下のとおりとなります。
個人が平成19年3月31日までに新築または取得したもっぱら自分が住むための家屋であること
新築住宅は、床面積50m2以上(登記簿面積)であること
新築または取得後1年以内の登記であること
区市町村長が発行する住宅用家屋証明書が必要
中古住宅は上記のほか、新築後20年(耐火構造の場合は25年)以内(平成17年4月1日以後に取得し、地震に関する技術的水準又はこれに適合する一定の中古住宅については、築年数を問わない)であること

<<前のページ | 次のページ>>