よくある質問

印紙税について

Q 不動産を取得する場合に必要な印紙税について教えて下さい。

A 印紙税は経済活動などの中で作成される特定の文書を課税対象とした税金です。
マイホームを購入したり新築するときに作成する売買契約書や請負契約書などでも課税対象となり、収入印紙を貼って消印する方法によって納付することとなります。
平成19年3月31日までに作成される契約書1通当たりの税額は次のとおりです。(※抜粋)

契約書記載金額 印紙税額
工事請負契約書 売買契約書 住宅ローン契約書
100万円超200万円以下 400円 2,000円
200万円超300万円以下 1,000円
300万円超500万円以下 2,000円
500万円超1,000万円以下 10,000円
1,000万円超5,000万円以下 *15,000円(20,000円) 20,000円
5,000万円超1億円以下 *45,000円(60,000円) 60,000円
金額の記載のないもの 200円

* 軽減を受けない場合は( )内の税額となります。
* 消費税額が区分して記載されている場合は、消費税相当額は記載金額としません

<<前のページ | 次のページ>>