よくある質問

住宅の取得について

Q 住宅を新築する予定ですが、住宅を取得したときに 必要な税金の種類及び諸費用について教えて下さい

A 住宅を取得した場合、次のような税金及び諸費用の負担を考えておいて下さい。

1 印紙税
工事請負契約書、売買契約書、住宅ローン契約書を締結すると、記載金額によって異なりますが、印紙税の負担が必要となります。

2 登記費用
(1)登録免許税
新築などの所有権の保存登記、売買による所有権の移転登記、住宅ローンなどの債権を担保とする抵当権の設定の登記をする時点で登録免許税がかかります。
(2)登記手数料
建物の表示の登記、建物・土地の所有権の保存・移転の登記等を土地家屋調査士、または司法書士に依頼して行う場合の手続き費用です。

3 不動産取得税
都道府県が課す地方税で、土地や家屋を売買や新築などによって取得した場合、その不動産が所在する都道府県において、その取得した人にかかります。なお、家屋(建物)が住宅であるときは税額の軽減があります。

4 固定資産税・都市計画税
市町村が課す地方税で、毎年1月1日現在に、住宅や土地を所有している場合に課税される税金です。
都市計画税は、都市計画法で定める市街化区域内の場合のみ必要となります。
なお、税率は市町村により異なります。

住宅を取得する際に、取引形態が仲介(媒介)の場合、不動産業者に対して仲介手数料が発生します。
住宅ローンを利用するときには、金融機関などに対して融資手数料、保証会社に対して住宅ローン保証料、損害保険会社に対して火災保険料、団信特約料に対して団体信用生命保険料が発生します。
一戸建ての場合には、地鎮祭、上棟式の費用、水道加入金も発生します。
以上の税金及び諸費用は、土地、建物の取得価額、面積等により異なってきますのでご注意下さい。
購入価額の10%程度が目安となります。

<<前のページ | 次のページ>>