よくある質問

隣地の使用請求権について

Q 隣地との境界が崖になっていて、その崖の擁壁は自分の名義なので修理をしたいのですが、隣地の所有者は、擁壁を修理することについては了解したが、工事の際には自分の土地には立ち入るなといっています。修理は隣地に立ち入らなくては不可能なので、立ち入ってもよいのでしょうか。

A 民法209条には隣地の使用請求権を規定していますが、隣人たる所有者に無断で隣地に立ち入ることは、擁壁の修理のためであっても所有権の侵害となり許されません。

隣地所有者の了解を取り付けるよう努力するべきでしょう。そして、具体的状況によりますが、どうしても了解を得られない場合には、調停やあっせん等を申し立てることになると思われます。それでも解決しない場合には、具体的状況に応じ裁判所に対し、承諾に代わる判決を求めて訴訟を提起することになると思われます。

<<前のページ | 次のページ>>