よくある質問

手付け金について

Q 土地を購入し造成の上、住宅を新築することとしていましたが、銀行からの融資がなかなか下りなかったこともあり、土地の造成及び建物建築工事請負契約を解除したところ、業者からこれまで支払った手付金130万円を返還しないと言ってきました。
 交渉の結果、30万円は返還されることになりましたが、今後の対応についてアドバイスをお願いします。

A 一般に、工事請負契約書や土地売買契約書には、一定の事由が生じた場合には契約を解除できること(手付解除を含む。)、また、契約解除によって発生する損害賠償に関する定めを設けています。

本件の対応についても、まずはこれらの契約書(同契約書で約款が引用されていれば約款を含めて)で契約解除についてどのような定めをしているかによることとなりますので、個々の契約に応じて回答することとなります。

以下、一般的なところを述べます。

まず、業者が上記契約にしたがって土地の造成等に着手していなければ、手付金を放棄することによって理由の如何を問わず契約解除が可能です。ただし、その際は手付金を放棄するわけですから、手付金は返還されません。  

業者が造成工事に既に着手しているので上記手付解除はできない、あるいは手付金も返してもらいたいという場合、その成否は銀行からの融資が下りないことが契約上、申込者から契約を解除できる事由として規定されているか否かによることとなります。銀行からの融資が受けられなかったのが申込者の事情変更(例えば、退職)による場合には、申込者から解除することが可能であると規定されていることは通常ないでしょう。

なお、中途で契約を解除する場合、いくらの損害を支払うべきかについては、契約書記載の金額どおりか否かは、消費者契約法の規制もあることから、弁護士等の専門家に相談することをおすすめします。

次のページ>>