大津市 K様邸

住空間のすみずみまで工夫して

長く暮らす家は、日常で触れるもっとも身近な空間のひとつ。より使いやすく、より居心地よく、より広々と。溢れる工夫が暮らしを楽しくするお住まいの完成です。

木目の優しい凹凸を再現した温かみのある外装に、植栽がみずみずしく映える外観。小石の質感が活きる洗い出しの小道をあえて斜めに伸ばし、奥行きのある形に仕上げました。 天井を一段高くとって南に大きな4枚窓をそなえたリビングは、すみずみまで空間の広がりと自然光の明るさを感じる心地いいつくり。

ダイニングは照明の数や位置を変えられるダクトレールに、ゆったり陰影が浮き上がるブラケットを合わせて演出。 天井のスリットにつけたレールスポットで豊かな立体感を感じるロフト。室内窓もプラスして換気もスムーズ。 ダークブラウンの木目柄パネルがシックなバスルーム。ちょうど腰をおろした高さにあるワイドミラーで空間にも広がりが。 廊下には高さにランダムな変化をつけたニッチが。白で統一されたディスプレイスペースは自然光も照明も映えます。

一覧へ戻る

<<前のページ | 次のページ>>