栗東市I様邸

設計打ち合わせに約半年を要したこだわりの住宅です。


建物も配置、基礎、屋根、断熱材、外壁、床(フローリング)全てにおいて納得がいくまでこだわり抜いた住宅です。



ロフトの手すりは既製品では面白くないとのことで大工さんに手すりを作ってもらいました。 お父様のごだわりの和室です。
柱は桧、壁は珪藻土、ランマはお客様より支給して頂いたものを大工さんに加工してもらい取り付けました。

和室にエアコンが見えると、情緒がないということでビルトインにするまでのこだわりです 屋根裏を利用してご主人の隠れ部屋を作りました。 リビングはフローリングはオーストラリア桧の無垢を使用、天井高を標準より高くして開放感が出るように工夫しました。 ローカは無垢の腰板でアレンジしました。

一覧へ戻る

<<前のページ |